ビルに囲まれた広場のパネル

PICK UP

不安を解消

クリニックの設計において最も重要な点は、患者の不安を和らげる空間づくりです。病気の不安感を解消するためにも、クリニックの設計から見直していく必要があると言われています。

取り壊す場合

何らかの理由で建物が必要無くなった場合には、専門業者に依頼をして解体工事を行って取り壊してもらう必要があります。個人で取り壊すことができないため、専門業者に依頼することが大切になります。

Featured Article

地球のことを考える

電気の使用量を少なくする事で地球環境に良いため、消費電力の少ない家電が人気になっています。その中にはパナソニックの太陽光発電も含まれており、コストを削減できると注目されています。

大幅な設備の工事

愛知県名古屋市に本社がある大手鉄道会社は、保有している高速鉄道の設備に関して大規模修繕工事をしています。毎日使用される鉄道を工事を速やかに行い運行させるためにも、注意する点を踏まえておきましょう。

電気を削減

デマンドコントロールって何

デマンドコントロールのデマンドと言うのは、30分間の使用電気量の事を言います。電気の基本料金は、この30分間の使用電気量で決まってきますので、電気使用量のピークになる夏場の30分間の使用量に合わせて、契約基本料金が決められます。その為他の季節に使用量が減っても、基本料金はそのままですので、高い基本料金を払い続ける事になります。そこでデマンドをコントロールして、要するに夏場のピークの電気使用量を減らして、月々の基本料金を下げようとするのが、デマンドコントロールです。これまでの省エネと言うと、電気をこまめに切ったり、空調の設定温度を変えると言うのがほとんどでした。

無理しないで省エネができる

しかし業種や施設によっては、その努力にも限界があります。ですがデマンドコントロールですと、夏場のピーク時の少しの時間を調整するだけで、年間の基本料金を下げる事ができる、今までの発想とは違う新しい省エネのスタイルです。最近では機械を設置して、電気使用量を自動的にチェックして、目標数値に達したら警報などで知らせて、使用量を調整する方法も出てきています。これなら監視業務からも開放されるし、確実に行う事ができます。企業や工場では、どんどん導入が進んでいるデマンドコントロール、さらに導入が増えれば、地域の発電所の負担を下げ、地域全体の利益に繋がっていきます。日々の業務に、無理する事なく実行できるデマンドコントロール、これからの省エネのメインになって行く事でしょう。